CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 大ドームの一部 | main | CBCイッポウに出た展開犬はこれ >>
あたけぼねの秘密(その1)
0
     マニュアルにあたけぼねの秘密というのがネットにあることになっていることに最近気がつきました。

     いろいろあるのですが、まずピン位置について

    ピン位置

     先日の朝日新聞の記事にあたけぼねには13個の穴があると書いてあって、そうだったのかと思ったのですが、この穴位置は実は両端の穴の中心を24等分した位置に空いています。

     両端の穴の間の距離(建材風に言うと働き幅)は12cmなので5mmピッチ。

     24という数は4!ですが、やたらと約数が多い。2,3,4,6,8,12

    ということで 中央の位置のばあい
    ○12:12=1:1
     13:11
    ○14:10=7:5 約白銀比
     15: 9=5:3 フィボナチ数の比(約黄金比)
     16: 8=2:1
    一つ飛ばして
     18: 6=3:1

     というわけで両端をきれいな比に割れる位置になっているのです。

     あたけぼねは等脚台形の対角線になるので、この比率はそのまま上底と下底の比になります。

     きれいな整数比というのは純正調の音程関係でもあります。

    1:1(完全一度)ユニゾン
    13:11(短三度)
    7:5(増四度)
    5:3(長六度)
    2:1(完全八度)オクターブ
    3:1(完全13度)オクターブ上の完全5度

     というわけで振動数24をド(其音)とすると純正調の音階を自然数列で表すことができます。

     これがあたけぼねの秘密その1

    あたけぼねのショップはこちら
    http://www.atakebones.com/


    | あたけぼねの秘密 | 21:03 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    はじめまして。「ART 403」事務局の橋本と申します。
    「アート」「手作り」関連の検索よりこちらを拝見し、ご連絡を差し上げております。
    わたくしども、「ART 403」はものづくりをする人を応援するサイトです。
    趣味の方からプロの方まで、広くご自分の作品を発表したい方に、
    ネット上での展示スペースを無料または格安で提供しております。
    こちらのサイトを拝見し、ぜひご参加いただきたいと思い、メッセージをお送りしました。
    ご興味のある方は、ぜひ一度サイトへお越しくださいませ。
    作品販売、お教室などをなさっているサイト様は、リンク集への掲載も承っております。
    またご自分で作品を作っているご友人の方にも、当サイトをご紹介いただけるとありがたく思います。
    それでは失礼いたします。
    「ART 403」(あーとよんまるさん)担当:橋本
    http://art403.com/
    | ART 403事務局 | 2009/07/03 2:58 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.atakebones.com/trackback/849494
    トラックバック