CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
ベンデグリティの壺
0
     これもかなり前にあたけのぶろぐ http://blog.atake-i.com/ に取り上げているのですがベンデグリティのつぼです。

    ベンデグティのつぼ

     幾何学的には三方八面体の一つの頂点に四角柱をいくつかくっつけた形です。作った当初はそんなことはまだ気が付いていなくて。6方向の頂点を全部延ばせばラーメン構造ができると考えながらつくりました。テセラックで分かるように、その後もっと簡単にできることに気がついたのですが。

     ストラット数は 三方八面体が36で四角柱が2個なら+20で56本くらいですか。実は口の部分はベンデグリティの規則に従っていませんが、籠編みでは普通のやりかたです。
    | ベンデグリティ | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    ベンデグリティータワーその3
    0
      ベンデグリティのタワーの最後は二回対称形です。

      ベンデグリティのトルソ

       なんとなくトルソに似ているのでベンデグリティのトルソと呼んでいます。トルソとは手足の無い胴だけの彫像ですね。
       三回対称と同様に端部を閉じることもできます。

       二角柱という立体は存在しないのですが、ベンデグリティでは可能です。対応する多面体が存在しないベンデグリティに気づいたきっかけでした。
      | ベンデグリティ | 22:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
      ベンデグリティーのタワーその2
      0
        昨日に続いてベンデグリティのタワーです。
        ベンデグリティのタワー

         今回は三回対称。三角錐の下に三角柱が続いている形です。ちなみにベンデグリティーのタワーはキャップ部分が無い、単なるチューブであれば伸縮が効きます。宇宙構造でコイル型の展開マストがありますが、似た感じです。こちらのほうが単位部材長が短いので実用的かもしれません。
        | ベンデグリティ | 22:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
        ベンデグリティのタワー1
        0
          今日はベンデグリティのタワー。平面ができればチューブは簡単にできるわけですが、端部を丸めることもできます。両端を丸めれば薬のカプセルのような形になります。

          ベンデグリティのタワー

           これは4回対称。一段8本でできています。多面体に置き換えると上部にピラミッド型があってその下に立方体が連なる形です。
          | ベンデグリティ | 22:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
          ベンデグリティのサッカーボール
          0
             あたけのぶろぐのほうに載せたのですが、ベンデグリティーのサッカーボール。90本のストラットからできています。
            ベンデグリティのサッカーボール 切頂20面体
             サッカーボールが分かりやすいように穴位置は一番外側の位置を使っています。この双対形は5方十二面体といって、十二面体に五角錘をくっつけた形です。
            双対形の5方12面体
             これは正三角形五枚からなる五角錘をくっつけたことになって12本の角がでているので、穴位置を調整して球面に近づけたのがこれ。

            5方十二面体を調整した球

             直径はサッカーボールが約45cm下の球が約30cm。双対形なのですべて90本ベンデグリティキットの通販版三個でできます。

             キットはこちら
            http://cart05.lolipop.jp/LA09591834/?mode=CATE&c_id=CA00100140235


            | ベンデグリティ | 08:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
            四次元立方体の展開ベンデグリティ テッセラクトあるいはテセラック
            0
               さて久しぶりにベンデグリティですが、四次元立方体の展開形です。よく四次元立方体の展開図と言う言い方をしますが、図というのは基本的に平面図形ですよね。
              四次元立方体の展開形
               68本のストラットからなっています。
               このように立方体ばかりでできていてツリー状(つまりどこにもリングを作っていないと言う意味ですが、分かるかなー)の構造のストラット数(辺数)は立方体の個数X8+4になります。

               この場合正八胞体を展開したわけですから、8X8+4=68 なわけです。
              前にあげたマクラはリングを形成しているのでこの場合は8X8=64 だけ

              ベンデグリティのまくら

               どこかにひとつリングがあれば立方体の個数X8になります。

               ベンデグリティはたためないので場所をとりますが、展開構造に較べてストラット数が半分なので比較的短時間で組めます。

               キットはこちら
              http://cart05.lolipop.jp/LA09591834/?mode=CATE&c_id=CA00100140235

              | ベンデグリティ | 09:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
              切頂四面体と三方四面体
              0
                 先日ベンデグリティのマニュアルを書いたときに作った切頂四面体とその双対形の三方四面体
                切頂四面体と三方四面体

                 ストラット数は18本、アルキメデス立体(半正多面体)のうち最大の正多面体の辺数より小さいのはこの切頂四面体と立方八面体しかないのですね。
                | ベンデグリティ | 21:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                三連四面体とその双対形
                0
                   更新はサボり始めるとどんどん億劫になると言うことが分かりました。
                  なんと今月は初めてですが、ベンデグリティ12辺まででできるもので重要なものを落としてました。
                   四面体を三つくっつけたもの、とその双対形です。

                  三連四面体とその双対形


                   四面体三つ面でくっつけたものをとりあえず三連四面体と呼ぶことにします。右がその三連四面体、四面体をたくさんくっつけるとラセンになることが分かっています。
                   左がその双対形、実は双対形の方を先に思いつきました。どちらも自動車のボディによさそうな形です。
                  | ベンデグリティ | 07:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                  ベンデグリティーのフォント
                  0
                     ベンデグリティでどんな形でもできると書きましたが、フォントです。
                    Aのフォントです。

                     ストラット何本使ったか分かりません。まだ改良の余地あり。
                    ちなみにAです。
                    | ベンデグリティ | 23:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                    ベンデグリティのまくら
                    0
                       少し空きましたが、ベンデグリティ構造についてほぼどんな形でもできる自信が付きました。要するにその形状を正多角形で近似的に覆い尽くせば良いのです。
                       これはロの字型
                      ベンデグリティのまくら

                       ストラット数は64本。双対形もできるはずです。基本的に似た形になると思いますが。この調子でどんな字でもできるはずです。大きさはともかくとして。

                       ベンデグリティの枕と名づけましたがクッションのほうがよいかも。実用的な強度はなさそう。実用的な強度を持たせることは可能ですが大きなものは組み立て手間が大変です。

                       でもそれを言えば籠編みはもっと大変なのかもしれませんが。



                      | ベンデグリティ | 17:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                      | 1/4PAGES | >>