CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
CBCイッポウに出た展開犬はこれ
0
     こっちのブログ久しぶりの更新ですが
    今日CBCイッポウに登場したので記念の再掲載です。

    テレビに出たのは展開犬、ほんとは恐竜を作ろうとしたのですがこれは犬かなと
    展開犬1
    別アングルで
    展開犬2

    キットは一本12cmですが、一本90センチくらいにすれば巨大なオブジェ
    が一瞬にしてたためます。イベントなどで実用化できると良いのですが。
    アルミで一本2mで総重量2t高さ10mまでは制作したことがあります。

    この犬はシザーズ数40 ヒンジ60個でできていて、Mkit二つあればできます。

    ショップはこちら
    http://www.atakebones.com/

    | 展開構造 | 19:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    あたけぼねの秘密(その1)
    0
       マニュアルにあたけぼねの秘密というのがネットにあることになっていることに最近気がつきました。

       いろいろあるのですが、まずピン位置について

      ピン位置

       先日の朝日新聞の記事にあたけぼねには13個の穴があると書いてあって、そうだったのかと思ったのですが、この穴位置は実は両端の穴の中心を24等分した位置に空いています。

       両端の穴の間の距離(建材風に言うと働き幅)は12cmなので5mmピッチ。

       24という数は4!ですが、やたらと約数が多い。2,3,4,6,8,12

      ということで 中央の位置のばあい
      ○12:12=1:1
       13:11
      ○14:10=7:5 約白銀比
       15: 9=5:3 フィボナチ数の比(約黄金比)
       16: 8=2:1
      一つ飛ばして
       18: 6=3:1

       というわけで両端をきれいな比に割れる位置になっているのです。

       あたけぼねは等脚台形の対角線になるので、この比率はそのまま上底と下底の比になります。

       きれいな整数比というのは純正調の音程関係でもあります。

      1:1(完全一度)ユニゾン
      13:11(短三度)
      7:5(増四度)
      5:3(長六度)
      2:1(完全八度)オクターブ
      3:1(完全13度)オクターブ上の完全5度

       というわけで振動数24をド(其音)とすると純正調の音階を自然数列で表すことができます。

       これがあたけぼねの秘密その1

      あたけぼねのショップはこちら
      http://www.atakebones.com/


      | あたけぼねの秘密 | 21:03 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
      大ドームの一部
      0
         なんとなくフライングボディ(揚力を発生する形)みたいですが、大ドームの部分で五角形と六角形のコーン二つを六角スキューが取り囲んだ形です。
        大ドームの一部

         シザーズ数は58(116本)ヒンジは88個でできています。実は二種類の分割比率(1:3)と(1:2)からなっていて、この組み方としては剛性が高い究極の分割比率だと思っています。

         Mキット二個とSキット一個いりますね。
        キットのショップはこちら

        http://cart05.lolipop.jp/LA09591834/
        | 展開構造 | 20:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
        ワークショップで集団制作したドーム
        0
           なかなか更新できていませんが、だいぶたまっているので今日からちょっと真面目に更新。

           まずblog.atake-i.comで紹介したのですが、造形大のワークショップで集団制作したドーム。
          ワークショップで集団制作した展開ドーム

          シザーズ数170(340本) ヒンジ数180個。
          大きくなってくるとだんだん自重でヒンジが外れやすくなります。

           ピンもヒンジもハンダゴテで押さえると簡単には外れなくなります。

          LKITでもできませんが、たくさん使う方向けの袋売りをはじめました。

          http://cart05.lolipop.jp/LA09591834/?mode=CATE&c_id=CA00100144070

           教育機関向けのアカデミー割引をやっていますので、メールいただければ見積もりをお出しします。
          | 展開構造 | 17:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
          展開立方体
          0
             年も明けて久々の更新ですが、今年もよろしくお願いいたします。
            これも あたけのぶろぐ に去年載せたのですが、展開立方体。

             展開立方体
             非常に基本的な形で、ずいぶん昔に作ったのですが、基本的過ぎて忘れられていました。

             シザーズの数は14でスモールキットでできます。

            http://cart05.lolipop.jp/LA09591834/?mode=ITEM2&p_id=PR00101228581

             途中の形がちょうど四次元立方体の三次元への等軸投影形である菱形12面体の半分になるときがあって、三次元立方体と四次元立方体の関係を垣間見ることができます。


            今日から折りたたみ構造、ベンデグリティ完成品数量限定で大幅値下げしました。
            http://cart05.lolipop.jp/LA09591834/?mode=CATE&c_id=CA00100143640

             実物を見ないとネットではこの面白さが十分伝わらないのではという声をいただきましたので。
            | 展開構造 | 11:31 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
            折りたたみボート
            0
               今日は一連の展開構造のとりあえずの最終ですが大ボート。

              展開ボート

              シザーズ数100 ヒンジは112個 Mキット3個Sキット2個ということは
              LキットだとSが一個あまります。

               これは中央の長方形部分が5スパンですが、奇数スパンであればいくらでも長く出来ます。最小はワンスパンですね。ワンスパンのシザーズ数は11なので22づづ増減可能なわけです。


              キットのショップはこちら
              http://www.atakebones.com/
              | 展開構造 | 23:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
              展開Wピラミッド
              0
                 今日は展開ダブルピラミッドと呼んでいるものです。
                展開Wピラミッド

                 普通のピラミッドもできますが、まともにやると展開時の応力変形が大きすぎるのでちょっと工夫が要ります。ピークが増えるのはいくつでもOK。急勾配の寄せ棟になります。
                これは高さ10m弱底面積200m2重さ2tのものをアルミで製作した事があります。

                http://www.atake-i.com/yokkaichi.htm

                シザーズ数120 ヒンジは132個 Lキット+Tキット一個でできます。

                キットのショップはこちら
                http://www.atakebones.com/
                | 展開構造 | 22:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                あたけぼね星人あらわる
                0
                   昨日は展開星だったわけですが今日はその上に住む?あたけぼね星人。
                  あたけぼね星人

                   ほんとは翼竜を作ろうとしたのですが、名古屋市科学館の翼竜展を見る前だったので全然違います。見たあとで作ったのが前にアップした「鳥」

                  シザーズ数60 ヒンジは76個 Mキット二個とSキット一個でできます。

                  キットのショップはこちら
                  http://www.atakebones.com/
                  | 展開構造 | 23:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                  展開星(12面体)
                  0
                     今日は展開星(12面体)。これはシザーズの分割比率が1:3ですが、1:1に近づくとトゲが小さくなって正12面体に近づきます。

                    展開星(12面体)

                     シザーズ数31 ヒンジ44個でできます。Mキットでできるといいのですが、+Tキットが必要です。

                     十二面体ってグラフ理論的には8畳間の畳敷きに近いんですね。この意味の分かる人はえらい。作ってみればわかります。

                    キットのショップはこちら
                    http://www.atakebones.com/
                    | 展開構造 | 20:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                    展開直方体
                    0
                       今日は展開直方体。

                      直方体

                       部材が曲がらないと開かないのでかなり無理矢理系です。これは3X3X2ですが、高さ方向を除いてグリッドの数は奇数であればよいので、立方体はもちろんいろんなプロポーションができます。スパン数が大きくなればなるほど無理やり度が下がります。

                       シザーズ数72 ヒンジ80個でできます。MキットとSキット各二個必要です。


                      キットのショップはこちら
                      http://www.atakebones.com/
                      | 展開構造 | 22:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                      | 1/8PAGES | >>